2015.7.30.thu.

純国産認証「J∞QUALITY」の申請進む「ナチュラルビューティー」

 ファッションにおける純国産の認証制度「J∞QUALITY」(Jクオリティー)を取得する企業が増えてきた。これまで、オンワード樫山の「gotairiku」「自由区」、ワールドの「リフレクト」、三陽商会の「サンヨー」、レナウンの「ダーバン」などで、スーツ、コート品番を軸に認証を受けている。さらに、東京スタイルの「ナチュラルビューティー」では具体的な申請が進み、スカート2品番で認証を受けたほか、アウター類でも推進。こうした商品は、2015-16年秋冬シーズンから販売を開始する。

 認証制度を主導する日本ファッション産業協議会では、2015年2月の申請受付を開始して以来、企業認証223件、商品認証72件になったことを明かしているが、「今後は、さらに増えるだろう」(三宅正彦・日本ファッション産業協議会会長)としている。また、ファッション業界の慣例として国内で縫製した商品を“メード・イン・ジャパン”としていたが、より繊維産地の活性化を目指し、基準を厳格化。織り・編みや染色など、複数の工程を国内で手掛けた商品を認証するもので、いわば“オール・ジャパン”の意味合いが強い。

 前述した「ナチュラルビューティー」では、認証を受けたスカート2品番を始め、カシミヤ素材のトレンチコートやジャケットなど、計10型で認証を取得する予定。同トレンチコートは国産のピュアカシミヤを使用し、織りと染色は尾州、縫製は熊本で行った。エポレットなどのディテールを削ぎ落とし、シンプルで洗練されたフォルムにまとめている。価格は18万円。

「ナチュラルビューティー」のカシミヤ素材トレンチコート


仏「ラコステ」の新クリエイティブ・ディレクターにルイーズ・トロッター

2018.10.8.mon.

仏ブランド「モンブラン」が、設立25周年を迎えた「A BATHING APE」とコラボ

2018.9.29.sat.

「アツシ ナカシマ」とテーラーの「レ・ミューズ」が協業、ミラノで作品を披露

2018.9.24.mon.

ギャップが「ららぽーと名古屋みなとアクルス」に出店、フルラインを展開

2018.9.23.sun.

SCEDULE