2017.5.19.fri.

デビュー間もない「フミコダ」のバッグに支持、高級感とエシカルの観点を両立

 2017年春夏シーズンにデビューしたバッグブランド「FUMIKODA」(フミコダ)は、ポップアップストアを軸にファン層を拡大している。書類やパソコンをスムーズに出し入れできるショルダーバッグや軽量で使いやすいトートバッグを提案。動物皮革を使用しないコンセプトや石油系樹脂のプラスチックを避けたパーツ使いなども支持を集めているようだ。

 同ブランドは、IT業界でキャリアを積んだ幸田フミがディレクションを行い、キャリア女性の観点でデザインを進めている。「軽くて使いやすいラグジュアリーなビジネスバッグがなかったため、自分で制作することにした。日本の伝統技術やカラーを採用しながら、独学でデザインしている」(幸田フミ=クリエイティブ・ディレクター)。17-18年秋冬シーズンの価格帯はショルダーバッグ14万8000〜16万8000円、トートバッグ7万8000〜10万8000円、クラッチバッグ9万8000〜11万8000円。

 現在は、有力セレクト業態を中心にポップアップストアを開設しているが、「将来的には直営店をオープンしたい」とする。同氏が探し当てた日本製の人工皮革は、動物皮革の構造を人工的に再現し、通常の塩化ビニール素材とまったく異なる形で生産されたという。さらに高級メガネに使用するセルロースアセテート(植物繊維)をパーツに反映し、大量生産される石油系プラスチックとは差別化した素材を調達している。

2017-18年秋冬シーズンのトートバッグ


デザイナー海外支援事業「TOKYO FASHION AWARD」にソーイ、ディガウェルなど6組を選出

2017.10.22.sun.

DHLの支援を受けた「ディスカバード」がコラボグッズを制作

2017.10.21.sat.

次世代のモデルが 「アマゾン ファッション ウィーク東京」に登場、冨永愛も応援

2017.10.20.fri.

第13回「DHLデザイナーアワード」に「ファイブノット」の鬼澤瑛菜、西野岳人を選出

2017.10.20.fri.

SCEDULE


DUBAI

ARAB FASHION WEEK

2017.11.15.wed. ‐ 2017.11.19.sun.