2017.3.19.sun.

真のファッション・ウィークになれるか? 多くのイベントを集約した「東京」

 ファッションイベント「アマゾン ファッション ウィーク東京」(Amazon Fashion Week TOKYO)が20日に開幕する。25日までの会期中に、計50ブランド以上がファッションショーを行う。さらに、アマゾン ジャパンが独自の目線でブランドをセレクトしたBtoCプログラム「AT TOKYO」もスケジュールに組み込まれた。

 一方で、有力合同展やデザイナーズブランドの展示会も同時期に行われ、本当の意味でのファッション・ウィークになる。これまではファッションショーと展示会が別日程で開催されており、ウィークといえども2〜3週間にわたってバイヤー、ジャーナリストが動き回っていた。今回、合同展は「PR01. TRADE SHOW」 22〜24日、「NEST +plus PASSAGE」21〜23日、「アンビアンス」21〜23日、「CREATORS TOKYO IN CUBE」23〜25日、「lights」22〜24日にそれぞれ開催。そのほかにも特別イベントやインスタレーションが同ウィークに行われる。

 真の国際化を目指す上で、ウィークの短縮化は必要命題だった。昨年来日した、サラ・アンデルマン「コレット」クリエイティブ・ディレクターは「長期滞在できないバイヤーにとって、ウィークで完結するのが望ましい。別の国へ移動するスケジュールも組みやすくなる」と語っている。そのほか、多くの海外ジャーナリストから「期間が長すぎる」と指摘があったのも事実だ。2017-18年秋冬シーズンの東京には、どの程度の海外バイヤーが来日するのか。今季は、重なることが常態化していたソウル、上海のファッション・ウィークとも日程が重なっていない。来日する環境は、比較的整ったはずである。

昨年10月に東京でショーを行った「アン ソフィー マドセン」


パリ進出を果たした「アキラ ナカ」の現在地、評価のポイントは「カッティング」

2017.10.13.fri.

記憶に残るショップの作り方、10周年を迎えた「ミュベール」の場合

2017.10.4.wed.

有力デザイナーをテコに「アマゾン」がファッション部門を強化、独走「ゾゾタウン」を追う

2017.9.25.mon.

求心力を失った「東京ファッションデザイナー協議会」は再興できるのか?

2017.8.29.tue.

SCEDULE


DUBAI

ARAB FASHION WEEK

2017.11.15.wed. ‐ 2017.11.19.sun.